« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

猛暑

異常な暑さだった今年の夏もようやく一段落

涼しげな写真を一服の清涼剤として貼ります

1

昭和30年代前半だと思います

一枚目は根小屋橋から田戸方向か?

3

二枚目は不明ですが

茅葺き屋根に積もった雪がいい雰囲気です

もう一枚

卒園生一同の集合写真です

半世紀近くたった今でも

Photo

面影はありますね

昭和39年3月…13時29分

堀之内保育所の卒園記念写真です

卒園するのは上から三列目までの

391330

32年と33年の、早生まれの子供達です

5月24日に掲載した写真の

三、四列目にいた子が一年経って

こんなに?成長しました

どこの小学校?

ここはどこの小学校でしょうか?

父が勤務していた学校ですので

Photo

根小屋・田戸ではではないかと

思うのですが…どなたかココロあたり

ありませんか?

2

子供が元気よく校庭で遊んでます

樹木が雪囲いされているので

3

もうすぐ雪の季節なのですね

雪国の冬は駆け足でやって来て

ノンビリと去って行きます

メインストリート今昔

下町から本町方向を比べた画像です

街並みの姿形は変わっても

道の幅、電柱の位置、本数は変わらないようです

1_2

「ゼブラ」の看板が「三菱鉛筆」あたり

「玉川電気さん」が「ナショナルテレビ」の位置ですね

Img_0238

ポストも変わりました(場所は多分一緒)

三枚目がほぼ同じ角度からの画像でしょうか

Img_0235

根小屋橋に行く道が変わってしまったので

ちょっと違和感がありますね

おがさん写真ありがとうございます

本ブログをご覧になって

写真を提供していただける方が

いらっしゃったらこちらまでお送り下さい

ssmaster3042@yahoo.co.jp

新旧は問いません

よろしくお願いします

堀之内病院今昔

おが様より「今の堀之内」画像を

寄贈して戴きました

あまりに年数が経ってしまったので

変化を感じることも出来ないとは思いますが

見て下さい

一枚目は昭和28年

Photo

二枚目は昭和30年代

1

そして最後は平成19年夏です

Img_0246

昭和28年堀之内病院

姿も形はもちろん

そこで働く人、通院する人、入院していた人も

すべて遠い過去のお話です

Photo

堀之内病院の正面と

多分寄宿舎(言い方も古い)だと思います

すべて木造で地べたも土のまんまが

時代を物語っています

Photo_2

給水塔も自動車も、もう何というか…

1974年小出高校2年5組

あの頃僕らはアホでした

修学旅行のバスの中

コークハイを廻し飲みして

さぞかしバスの中は酒臭かっただろうに

名所旧跡の見学は酔っぱらって寝ていたり

252

同級生の家が大湯で温泉ホテルなのをいいことに

忘年会・新年会・運動会・文化祭の打ち上げ等

オトナ顔負けの大宴会を開いて

バルコニーをゲッケだらけにしたり

25

裸で雪の中に飛び出し危うく心臓が

止まりそうな事になったり

夜中の大浴場でシンクロをしたり

高2の分際でストリップを見に行ったり

学校をさぼって北海道にツーリングに行ったり

それをまた授業をさぼって見送りに行ったり

二日酔いで学校に行き、教室でゲッケを吐いて

酒臭くしたり

あれもこれもみーーんな2年5組のアホの仕業です

サクラバ先生ごめんなさい

戴帽式(タイボウシキ)

看護学生がナースキャップをもらう儀式です

今はほとんど見なくなりましたが

少し前は、キャップはナースの象徴ということで

みんな被っていましたよね

Photo

看護婦さんが看護婦らしく見えたものです

この儀式では「ナイチンゲール誓詞」を唱え

自らが従事する仕事の厳しさと

尊さを噛みしめるのだ そうです

写真にもそれが写っていますし

厳かな雰囲気が伝わってきます

万代橋

田戸小?中?(制服があるって事は中学?でも顔が幼いです)

の生徒が新潟市に修学旅行に

行った時の写真のようです

Photo

「臨港丸乗船記念」と書いてあります

自分らも小6の修学旅行は新潟でした

でもどこで何をしたのかサッパリ覚えていません

ちなみに中3は東京、高2は京都でしたね

後ろに見えるのは万代橋でしょうね

Dn_19_2

ちょうど良い最近の写真がありましたので

比べて見て下さい

空撮

昭和43年10月堀之内小学校の空撮です

翌年の「根小屋小」「田戸小」との統合を機に

取り壊される堀之内小学校です

正門の前には「缶詰工場」があり

Photo

周辺はまだまだ田んぼばっかりです

左中あたりに白く見える資材置き場は

この辺の子供らの秘密基地でした

雪辱小出A!

球場はアウェイの小出小学校

まず小出Aの練習をツブサに観察し

敵の弱点を探り出そうとする鋭い視線

Ws000002_2

今日は宿敵「小出A」に一矢を

報いるチャンスである

さあ整列して試合開始

Ws000004

土手の上には同級生の女子が

なんと5人も応援に駆けつけている

無様な試合はできない

バッターボックスには

Ws000003

右投げ左打ち、将来の

イチローの凛々しい姿が…

昭和28年生まれ

「赤ちゃん大會」とういイベントのようです

写真に

昭和廿八年度赤ちゃん大會

看護協會小出分會

Photo

とあるように小出で昭和28年に

生まれた赤ちゃんを一堂に会した

催し物でしょうか?

これに参加された「おかあさん」「赤ちゃん」

いらっしゃいますか?

統合堀之内小学校

昭和45年?に堀之内と根小屋と田戸の

3小学校が統合した?する予定?で

61

夏休みに、根小屋小学校と魚野川の河原を

使って交流合宿がありました

62

当時は根小屋も田戸も未知の世界で

もちろん知っている人もいませんでした

63

特に写真にいる、当時から白髪の「ジサ」は

強烈な印象が残っています

打倒!小出A

当時はプロ野球大隆盛の時代である

巨人は連覇街道まっしぐらに突き進んでいた

1番柴田・2番高田・3番王・4番長島・5番国松

6番黒江・7番土井・8番森・9番堀内…と

川上監督鉄のカーテンの元盤石の布陣だったのだ

Ws000000

翻って我が堀小野球部

創部数年であろうか?

Ws000001

発展途上の弱小チームではあるが

打倒!「小出」に燃えていたのは言うまでもない

悠久山の夏

アルバムのタイトルは「悠久山 昭和33年夏」とあります

農機具の見本市か何かでしょうか?

Ws000003

「ヰセキ」「クボタ」など有名メーカーの

ノボリに混じって「三菱」「カワサキ」など

Ws000001

エンジン関係の会社もあります

Ws000004

堀之内、小出あたりで「アドバルーン」は見なかったですが

さすが大都会の「ナゴウカ」ではデパートの屋上とかに

Ws000000

よくありました。通信手段の少なかった昔は

「ノロシ」を揚げて集客を図ったのでしょうか?

お墓参り

いつの写真か分かりませんが

写っているメンバーをみると

そんなに昔ではありませんね

ここは堀之内の春日のお墓です

Photo

先祖や親戚のお墓があります

数年前にお参りに行ったきりです

当家は遠く離れた千葉にお墓を

作ってしまいました

これでよかったんでしょうか…

千谷んしょへ②

よーこ。さんからの情報で

だいたいの場所が確認できました

4

ありがとうございます

夏草の草いきれが匂ってきそうな

風景です

6

千谷の家のそばにバス停があったのでしょう

誰かをお見送りのようですが、満員みたいですね

5

千谷んしょへ

ここら辺は千谷のどのあたりでしょうか?

2

この写真で類推するには時が経ち過ぎましたかね

父の生家は小千谷市の千谷にあり

3

当然今も父の長兄の長男(やや、ややこしい)が

家を守っています

4

さて、子供に棒っきれを持たせたら

それはチャンバラゴッコの始まりです

神社やお寺はそんな子供達が集う

1

恰好の遊び場でした

古きよき時代の昔話になってしまったのでしょうか…

夏は川

ヤマグニの「夏の遊び」の王道は

やっぱり「川遊び」です

1

夏の少年少女はみんな

川に刺さって遊んでました

2

釣りにかじっか突きにザッコスキ

プールがありませんから

当然川で泳ぎます

3

タイヤチューブの浮き輪もなつかしい

しかしここの川はどこでしょうか?

ヤマサ

笹のっちさんのリクエストにお応えして

ヤマサブラザースさんの登場です

Photo

ユウイチくんとツカサくんにはよく遊んでもらいました

帽子をかぶりカバンを下げてお出かけのようです

店先にぶら下がっているジョーロがまたいい味出してます

夏のやな

度々登場しますが「堀之内やな」です

筆者が2~3歳と思われますので

2

昭和35年くらいでしょうか?

シャッコイ水しぶきと

3

魚野川を渡る風の匂いが感じられますか?

あんまり鮎とかハヨとか取れた記憶がないのは

4

私だけ…

夏の日

昭和30年頃の真夏の一日です

ヒマワリが咲いて

蝉時雨(聞こえますか?)の中

1

麦わら帽子の子はどこへ行くのでしょうか?

ワガヤの二階からのショット

チェックのスカートは

2

マエノチのねーちゃんかな?

差し込んでいる日差しが「あっちゃげ」です

笠島

夏になると山育ちの子供は

汽車に乗り「海水浴」に行きました

1

ナゴウカから乗り換えて

山間を抜け、田んぼの中を通り

「はや着かねかなぁ」とダレテいるその瞬間

2

「パッ!」と音を立てて視界が開け青い海が姿を現します

この感動は山国の人間じゃないと分かりませんかね

ここは笠島

3

記憶もなければ思い出もありませんが

海が見えたときの感動だけは忘れません

悠久山

昨日悠久山球場で

2007年夏の甲子園出場校が

決まりました

1

我が母校「小出高校」

ベスト8という立派な成績で

今年の夏を終えました

2

悠久山と言えば

長岡人に「お山」と親しまれた桜の名所です

幼少の頃よく連れて行って

もらった記憶があるようなないような…

写真は30年半ばの悠久山プールです

当時は四郎丸から悠久山まで

3

「栃鉄」で行きました

三枚目の後方に写っています

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

無料ブログはココログ
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30