« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

モーターショウ①

時ハカラズモ(図ったけど)

Ms2

「東京モーターショー」初日

第一回開催が1954年4月とありますので

この新潟?中越?長岡?魚沼?モーターショウも

Ms3

ほぼ同じ頃開催されましたものと思われます

当時からコンパニオンがイベントを彩っていますし

Ms4

それを激写(古)するカメラ小僧・オヤジも存在してました

佐梨周辺今昔

佐梨川河口付近のイマムカシです

先日小出の街をkamesinさんに案内してもらい

久々に「本町流し」も体験してまいりました

041 3

しかし…

母校「小出高等学校」は第二体育館を残すだけで

跡形もなく、周辺地域マルゴト違う町になっていた

変わらないのは「山」のカタチだけ…

046 4

テレビが来た!

さて何の番組を見ていたのでしょうか?

昭和30年中頃だと思いますので

月光仮面?お笑い三人組?ブーフーウー?

Photo

当時というかNSTが見れるようになるまで

魚沼地方はNHK・教育・BSNの三局しか映りませんでした

従ってプロレスも「国際プロレス」のみ

馬場も猪木も、マンガ本の中での話…

第二湯之谷中学校

昭和40年前後父が勤務していたようです

090

卒業アルバムがありましたので掲載させて頂きます

091

当時としては鉄筋コンクリートの立派な校舎ですね

小生の母校は「小」「中」「高」ともに木造の

092

それはそれは歴史の刻まれた?由緒ある?建築物でした

093

しかし、当然ながらすでに影も形も無くなってしまっています

校歌も残っているのは高校だけでしょうか…

鉄腕アトム

どこかにある、きっとあるはずだ

どこにいった?記憶違いか…

と探していた貴重な写真が発掘された

歴史的に、考古学的に、日本漫画史的にも

大変意義、意味、価値のある画像である

当時絶大な人気を博していた手塚治虫作

「鉄腕アトム」

Photo

土曜の夜19:00から30分間は夢の時間だった

「明治のマーブルチョコ」おまけのシール

茶箪笥といわずタンスといわずそこら中に

ベタベタはって「おっつぁいた」もんです

「昭和39年春」とアルバムには記されています

ここに登場しているかあちゃん達は

写真をみたら、はぁ「しょうしく」なるろっか?

懐かしくなるろっか?

オールドカーシリーズ③

トラック・ジープなど

Oldcar3

まるで「コンバット」の戦場の一場面みたいです

Oldcar2

でも「せんたくもん」が雰囲気を和風に戻します

Oldcar1

トラックのフロントグリルはまるで「VOLVO」ようですが

拡大して見ると「TOYOTA]の文字がカスカに

分かるような気がするようなしないような…

やまんグランド今昔

我が小出高校サッカー部の聖地「やまんグランド」

当時弱小サッカー部は練習場不足ゆえに

学校から直線距離にして約800m(実測)離れた

小出スキー場の下にあるグラウンドまで行かねば

なりませんでした

ピッチは「砂利」なため、果敢にスライディングを行うと

擦過傷確実の危険きわまりないコンディション

但しランニングにはもってこいで

駒見山の「テッコ」まで何度走らされたことか…

写真(古)は昭和30年台でしょうか?

今と比べると崖というか丘というか山というか

かなりなだらかに整備?されたようです

022 Photo

堀之内やな今昔

「ここの食べ物はいいウンコがでる」

4 1

堀之内やな入り口の「開高健」の色紙に書いてあったのを思い出します

(文面に自信なし…のような意味の事)

最後に行ったのはいつだったか忘れてしまいましたが

変わったんでしょうか?変わっていないのでしょうか?

3 2

風情、情緒…

変わらずにいて欲しいと願う私です

根小屋橋今昔

マチと根小屋を結ぶ

魚野川に架かっている「根小屋橋」

何度も架け変わっているんですね

台風の後、濁った大水がゴーゴーと流れているのを

橋の上から見て「おっかねかった」のを覚えています

最初の写真は昭和19年6月12日と記されています

1

2

3

4

木製から鉄橋へ

橋桁も木からコンクリートへと

姿を変えていきます

Photo_3

そして現在は何とまぁスッキリアッサリ

情緒のない橋に変わってしまった事よ

北魚沼郡堀之内町下町2

「旧旧我が家」と「旧我が家」周辺の今昔物語です

三十数年前に「新根小屋橋」橋梁に伴い

「旧旧我が家」周辺が区画整理されました

1_3 098_2

交差点も建物も当時の面影はありませんが

「旧我が家」に流雪溝と庭を隔てるブロック塀が一部健在です

(ややこしいな)

「旧旧我が家」は全く消滅しましたが「旧我が家」は

他人様が住まわれ今もあります

その「旧我が家」のブロック塀が「まだある」と

笹のっちさんから0情報を頂きましたので

「元気か?これからも長生きしろよ」と励ましてきました

1_4 101_3

こちらは「旧旧我が家」の二階から堀小、春日方向を

撮ったモノと現在の比較です

角度が違うので山が写っていないのが残念ですが

「電柱」は素材を変えながらも

当時の場所そのままに居座っています

洋服屋さんもありました

オールドカー②

ではこんなんどうでしょうか?

一枚目はバスと車掌さんのようです

Photo

前にぶら下げたカバンに切符と

お金を入れてるんでしょうね

筆者が子供の頃もバスには車掌さんがいました

40

次はニッサン40年型とアルバムに記されています

トヨタでもニッサン車を直したのですかね

Oldcar4

三枚目は何を運んだんでしょうか?

フロントガラスが開閉できるようなトラックです

※昨日の写真の車番「新5.367」は

トヨタ42年型と記されていました

オールドカーシリーズ①

長岡の実家に行って古いアルバムをガサゴソガサゴソ

「何してらんだ?」「ん、ちっと…」

ということでまたたくさん仕入れてきました

筆者には長岡にも親がいます

話すと長くなるのではしょっりますが

その「なごうかのとうちゃん」は戦前から

実にウデッコキのトヨタの整備士でした

そのシリーズを何回かに分けて掲載します

Oldcar1

クラシックカーというかヒストリックカーというか

オールドカーといいますか…

Oldcar2

ジツにまあ古ーーーい古ーーーい車です

当然名前は分かりません

Oldcar3

「なごうかのとうちゃん」はこれも整備していたようです

もし知っている人がいたら教えて下さい

大神宮さま今昔

今日は大神宮さまです

Photo 096

こちらの方が家から近かったので

よく遊びに行った事を覚えています

門によじ登り、転落して後頭部を裂傷したこと

社の縁の下を秘密基地にして悪と戦ったこと

ソロバン塾をさぼってブランコで時間をつぶしたこと…

たくさんの思い出が蘇ります

八幡様今昔

先日結婚式がそっち方面でありました

ついでといっては何ですがカメラで

コンニチの魚沼周辺をパチパチやってきました

現在と昭和の魚沼を比べ時の移り変わりを

感じてみてもいいかな…

まずは堀之内の象徴「八幡様」です

1075

季節は両方とも秋ですね

古いほうは十五夜まつり当日です

狛犬は当時からどごへもいがんで番してるし

灯籠も石畳もそのままんがんだろっか?

唯一の変化は茅葺き屋根に

赤いカバーが被さったトコでしょうか

もちろん中央の二人は52と50になってます

生誕50周年

昭和32年10月7日は小生の誕生日です

2007年マイナス1957年は50年です

50年ってことは半世紀です

ってことは「おぎゃー」か「フンギャー」と生まれて

50年も経ってしまったということです

節目やケジメと縁遠く生きてきた私ですが

今日はさすがにイズマイを正し、正座し

仏壇に線香などを上げ、50年を振り返らねば

ならないとチト考える10月7日、晴天の朝です

写真は小生の誕生を記念して国旗掲揚したわけではなく

11月3日文化の日ということで記念写真を撮ったものと思われます

中央の祖母に抱かれているのが生後約一ヶ月の私です

ここに写っている両親祖父母親類縁者兄弟姉妹をはじめ

50年間お世話になった人たちに深く感謝する次第であります

Photo

昭和29年の手術

ハヤリ病が蔓延したり、大きな戦争があると

医療が進歩し、医者のスキルが上がると言われています

291

戦後色のまだまだ濃いその時代

堀之内病院(?)での手術の模様

293

誰が何の治療を受けていたのでしょうか?

出征?

相当古いアルバムにありました

Photo

「オヤジ」からの一筆

Photo_2

友人からの寄せ書き

Photo_3

訓練兵?の集合写真

Photo_4

出征兵士を送る寄せ書きにしては

緊張感が感じられないくだけた感じです

土浦あたりで訓練を受けたが

戦地には赴かなかったとは聞いています

やはり赤紙が来て千谷から送られたのでしょうか?

今となってはそれを語ってくれる人もいません

これも昭和の一コマです

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

無料ブログはココログ
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30